身元保証人を立てて介護施設等に入所したが、いざご本人が危篤やお亡くなりになった際に、身元保証人と連絡がつかないケースが多くなっています。

というのも、入所時は身元保証人も元気であったが、年月が経つと保証人自体も疾病その他の事情で介護施設に入所していたり、認知症などで判断能力が低下していたりします。

となれば、身元保証人としての義務を果たすことができません。

当協会であれば、身元保証を引き受けるのは法人ですので永続性がありますし、一社だけではなく会員メンバーもおりますので何かの際にも対応することが可能です。