身寄りがない方が介護施設入所や認知症になった際に利用できるサービスとしては、社会福祉士会・司法書士会・弁護士会といった専門職を後見人として立てるか、NPOや一般社団法人といった民間が行っている身元保証サービスになると思います。

厳密にいえば後見人は身元保証人にはなれませんが、病院や介護施設入所の際に後見人がいれば身元保証人は立てなくても入れる場合がほとんどです。

選び方についてですが、有名な身元保証の協会が破たんするなどの事件もあり、財産を預けても適切に管理してくれる、信頼の置ける者を選択するべきです。

一般の民間団体には、業務を監督する者がいません。自身が預けた財産がどのように管理されているのかが、明確であるかどうかが、1つの基準です。

依頼する者が社会福祉士や司法書士などの専門職であれば、専門職団体が業務を監督しているのが原則です。やはり、第三者が業務を監督してくれている分、安心感があると思います。

専門職団体は会員が不正を起こすと、団体全員の信頼に影響がありますので、監督も厳格です。

そのため、サービスを利用する際には、業務を監督する第三者的機関の者がいるかどうかが、大きなポイントになります。

大切な財産を預けるのですから、万が一にも散逸しないように選ぶべきです。