エンディングノートを書く際に、臓器移植について積極的に意思表示する方が増えています。

自分が無くなった際、自分の体の一部で他の誰かが救われるのなら、と考えるようです。

臓器移植は、病気や事故などで臓器が機能しなくなった人に、他の人の健康な臓器を移植して機能回復を図る医療方法です。

臓器提供の意思表示は、エンディングノートでも構いませんが、運転免許や郵便局、コンビニなどに置いてある臓器提供意思表示カードに記入しても大丈夫です。

なお、本人に臓器提供の意思表示があっても、家族が承諾しなければ提供できませんから、普段から家族に説明して了承を得ておくほうがいいでしょう。