成年後見を利用する際、後見人を複数選任してもらうことができます。 例えば、財産管理は行政書士や弁護士といった法律の専門家に、身上監護は社会福祉士に業務を担ってもらう形態です。 一般的に、法律の専門家は財産管理は得意ですが・・・