後見制度を利用する際、自分が信頼していて、気の許せる人に後見人になってもらいたいものです。 専門家に依頼する場合であっても、なるべく相性が良い人がいいでしょう。 いざ、当事者の判断能力が低下し、法定後見の申立を検討する際・・・