任意後見制度は、本人の判断能力が低下する前に任意後見人候補者と契約を結んで後見事務を委任する、成年後見の一形態です。 本人の「判断能力が低下する前」、つまりは元気なうちに準備する制度ですから、終活を考える際に一番ぴったり・・・