終活の中でも、ご相談が多いのが遺産相続についてです。

「誰かに遺産をあげたい」、または、「この者には遺産を与えたくない」など、それぞれの家庭で事情を抱えているものです。

特定の者(相続人)に遺産を与えたくない場合は、まず遺言書を書いて他の相続人に遺産を与えるか、寄付するのが簡単にできる手続です。

ただし、この場合、兄弟姉妹以外の相続人には遺留分があるため、相続開始後に遺留分を主張された場合には、一定割合の遺産は与えなければいけなくなります。

それも避けたい場合は、生前贈与や生命保険を利用して受取人固有の財産にしてしまい、遺産分割の対象から除いてしまう方法、推定相続人に重大な非行等があれば推定相続人の廃除等の手続があります。