名古屋で認知症の方が自宅から外出して、鉄道事故に遭った事件がありました。

裁判では家族の責任が問われたため世間の関心が高かったので、記憶に新しいところだと思います。

1審・2審は有罪、最高裁は無罪との判決を下し、認知症の介護を担っている多くの人を安心させたと思います。

ただ、最高裁が「同居の有無や介護実態などを総合考慮して、特段の事情があれば事実上の監督義務者として責任を問える」としたことから、介護現場などでは今まで以上に、認知症の方の外出等に注意が払われています。

事故防止の観点からは歓迎すべきですが、認知症の方の自由・自分らしい生活を壊してしまってはいけません。

認知症の方の生活を守る反面、事故防止や事故が起こった場合の補償などを政府に法整備してもらいたいと思います。