自分に介護が必要になった際に、特別養護老人ホームや有料老人ホームを選択される方は多いです。

しかし、中には集団生活にどうしても馴染めず、家庭的な雰囲気で生活したい方もおられます。

そのような方々のために、各地に宅老所ができています。

宅老所の多くは、どんなに認知症の症状が重くてもその方に寄り添う介護を実践しています。

先駆的な宅老所が、今の認知症グループホームや小規模多機能のモデルとなったとも言われています。

大規模施設は、どうしても集団生活になってしまう傾向があります。

人と人が向き合うケアは、やはり少人数のほうが適しているような気がしています。