自分が住み慣れた地域でできるだけ長く暮らしたいとお考えなら、小規模多機能居宅介護の利用はおススメです。

なぜか、それほど周知されていませんが、小規模多機能居宅介護施設は宅老所をモデルにサービスが整備されており、同じ施設で通所介護、訪問介護、宿泊サービスが受けられます。

通常、介護保険サービスを利用する際は、それぞれのサービスを別々の事業所に依頼するか、運営母体が同じでも対応する職員は変わるものです。

小規模多機能は同じ事業所にいる職員が対応するのが原則であるため、変化に弱い認知症ケアなどに効果を発揮します。

お近くに小規模多機能居宅介護施設があれば、まずは見学に行かれるとよいと思います。