平成27年1月より、相続税の基礎控除枠が引き下げられました。

従来は5000万+法定相続人×1000万であったのが、3000万+法定相続人×600万になっています。

税負担が増えるのでは・・・、と心配になるのも、無理はありません。

しかし、元々相続税がかかるのは全体の4%程度でした。今回の基礎控除の引き下げがあったとしても、数%程度に留まると予測されています。

また、配偶者控除(1億6千万など)や住宅地の特例、生前贈与の特例を上手く利用すれば、ほとんどの方が気にする必要はありません。

事業を営んでいたり、大きな不動産をお持ちであったりする方は、早めの準備が必要です。