成年後見制度のご相談や後見をしていて、「いつも言われるのが手続が複雑で難しい」です。

また、財産を他人が管理することとなるため、今まで配偶者の財産を金融機関などで自由に出し入れして使用できていた方などにとっては、不自由に感じられます。

後見人が付くと、金銭の入出金をきちんと管理し、家庭裁判所によりますが数万以上の使途については理由を説明して資料を添付する必要があります。

年に1度は必ず家庭裁判所に報告しなければいけませんので、それだけでも大変に思えます。

しかし、他人の財産を管理するには、それだけ責任が伴います。

管理や手続が厳格になるのは、やむを得ない面があります。

管理が厳格だからこそ、後見人等の不正を防止でき、制度への信頼が保てます。