生命保険に加入されている方は多いですが、多くは死亡保障のために加入されていることでしょう。

しかし、生命保険は相続対策にも活用できます。

例えば、死亡保険金の受取人を被相続人や法定相続人にすることで、500万円×法定相続人数は非課税となり、節税対策に使えます。

また、死亡保険金は遺産分割協議が必要なく、受け取った法定相続人などが全て受け取れますので、紛争を予防できます。

分割するのが難しい不動産相続のケースなどでは、生命保険を上手く使って相続人間の争いを防ぎます。

会社の事業承継などでも、会社不動産を後継者に承継させたい時には、不動産を後継者に、その他の相続人には保険金を受け取れるようにするなどのスキームが画けます。