政府が、介護ロボットを導入した事業者に報酬加算をする方向性で、介護報酬改定を進めるようです。

介護現場の職員不足は深刻であり、現在現在にいる職員の負担軽減の観点からも、介護ロボット導入は進めたほうがよいと思います。

ただ、ロボットを上手く活用するにしても、介護は人と人とのふれあい、コミュニケーションが非常に大切で、それによって要介護の高齢者の状況は変わります。

高齢者やご家族の中にも、ロボットに介護されるなんて・・・と躊躇いのある方はいます。

まだまだロボットだけが介護をする性能は開発されていないようですが、介護は対人援助の技術ですから、その点は大事にしてほしいです。

今後、人工知能が発達してロボットと人間が感情的に交流できるようになれば、状況は変わるかもしれませんが。