法制審議会の中間試案ですが、民法を改正して相続の際に、介護をした第三者が相続人に金銭を請求できるようにする旨があげられています。

例えば、長男の妻が義父の介護をし、義父が亡くなった後に、長男を含めた相続人に金銭請求ができるようになるケースがあります。

これまでは法定相続人にしか認められていなかった権利を、拡大して認めようとするものです。

介護は金銭のためにするわけではありませんが、一生懸命に介護をした方が何も報いられないのも不公平な気はしていました。

ただ、悪意のある第三者が高齢者に付け込まないような配慮は必要かと思います。