相続が開始して、相続人が確定し、相続財産を調査したら、相続人が集まって話し合いをします。

いわゆる遺産分割協議です。

遺産分割協議で遺産の処分が決まったら、各相続人へ財産の移転や不動産などの名義変更を行います。

別に口約束での合意でも問題なければ大丈夫なのですが、後のトラブルを防ぐためには遺産分割協議の内容を書面にしておくべきです。

遺産分割協議書といいますが、作成義務は法的ありませんが、作成しておくと金融機関や不動産登記の際に手続がスムーズに進み、紛争予防の証拠として残ります。