認知症の早期発見に、よく物忘れが契機となります。

最近では、医療機関での物忘れ外来は一般的になりました。

多くのご相談の中で、「物忘れがひどくなっているけど、加齢によるものか認知症によるものなのかがわからない」と耳にします。

疑わしいのであればとにかく受診するのも1つの方法ですが、上記2つの違いで特徴的なのは、加齢による物忘れは体験の一部を忘れる、認知症による物忘れは体験自体を忘れることでしょう。

例えば、昨晩の夕食のおかずの一品が思い出せない、何かヒントを投げかけると思い出せるのが、加齢による物忘れです。夕食を食べたという体験自体は覚えています。

これに対し、夕食を食べたこと自体を忘れてしまっているのが、認知症による物忘れです。

本人は夕食を食べた記憶がないのですから、周囲が食べた旨を本人に指摘しても覚えがないので無意味です。

あやしいなと思ったら、早期受診するべきです。

認知症は現在のところ完治はできませんが、進行を遅らせることはできます。