押印の代わりに、花押を記載した遺言について、最高裁で無効との判決が下されました。

花押は、わが国では一般的な慣習とはいえないというのが理由です。

福岡高裁では有効との判決でしたので、180度覆った結果になっています。

終活を考える際には、遺言が無効にならないように、きちんと法で定められた形式を守って作成することが必要です。

せっかく終活を行って遺言を残すのですから、後になって無効になっては意味がありません。

自筆でもよいと思いますが、最低限、作成した遺言を専門家に見てもらうなどの配慮が必要でしょう。