1年間に介護離職する勤労者が約10万人に上るとのデータがあります。

政府が対策に力を入れようとしていますが、なかなか難しい状況です。

特養ホームの待機待ちは相変わらず列をなしていますし、介護休暇を十分に取得できる余裕が、今の中小企業にはないのかもしれません。

自分の介護のことを真剣に考えておかなければ、子供や孫が離職して介護に当たらなければならない時代です。