要介護認定の段階には、現在、要支援1・2、要介護1~5まであります。

なかなか一般の方にとって、要支援と要介護の区別はつきにくいものです。

高齢者の方からご相談をお受けする際にも、要介護認定についてお聞きすると「1」とか「3」などと答えられ、「要支援」と「要介護」の区別まで気にしていないケースが多いです。

介護保険被保険者証に認定区分が記載していますので、それほど気にする必要はないのですが、いざ介護サービスを利用する際にケアプランを作ってもらう場合は、相談する機関が異なります。

要支援1・2の場合は地域包括支援センターが担当し、要介護1~5の場合は居宅介護支援事業所が担当しますので、その際には区別が必要です。