介護休業の取得基準が、要介護1、2程度になるようです。

従来は、特別養護老人ホーム入所相当でした。

背景として、年間10万人の介護離職者がいることがあります。

政府は、2025年には介護離職をゼロにする目標を掲げているため、その施策の一環です。

ただ、取得しやすくなるのは良いことですが、そもそも職場自体が介護休業に否定的であったり、小規模事業者であれば一人社員が抜けるだけでも現場が大変になったりします。

介護休業者が抜けた穴を、一時的に埋められるような施策も、併せて取ってほしいと思っています。