終活を積極的にされる方の中には、自分史を出版される方がいます。

自分が生を受けて、これまで歩んできた道のりを1冊の本にして、親しい人たちに配るのです。

本を作る過程で、改めて人生を振り返り、周囲への感謝や生への喜びを語られます。

文章を書く作業は、頭の中で考えていることをまとめ、洗練させるのに適しているのかもしれません。

自分ではたいしたことない人生だったと思っていても、文章にしてみると、いい人生だったと気づくこともあるようです。

自分史の中に、エンディングノートを入れてもいいですね。