遺言書は、法の定める形式に沿って書かなければ無効になります。

内容についても、法が定める遺言事項以外は、法的効力がありません。

書いても意味があまりないと思われがちですが、そうでもないのです。

遺言者の思いや願い、財産処分についての理由を記載すれば、遺された相続人達が意を汲んで実現してくれる可能性が高まります。

争いを防ぐ効果があると、私は思います。

手紙ではありませんが、ただ単に財産処分などについて書かれているものよりも、遺言者の感情が伝わってくるほうがいいと感じています。