遺産分割の方法には、遺産の一部のみを分割する一部分割、遺産の全てを分割する全部分割があります。

一部分割については、話がまとまらない残りの部分を後で話し合うことになります。

今まとまらないものが、後になってまとまるものではありませんので、紛争の先延ばしになる可能性が高く、あまりお勧めできません。一度で終わらせたほうが、負担が少ないでしょう。

また、現物分割、換価分割、代償分割といった言葉もあります。

現物分割は文字通り、不動産は兄、預貯金は弟といったように特定物ごとに承継者を決めることです。

換価分割は、不動産などを売却して金銭に換えて分割します。金銭にすることで、分けやすくなります。

代償分割は、価値の高い不動産などを兄が相続する代わりに、兄が他の兄弟に自己の金銭を手渡すようなケースです。事業承継などでよく使われています。