遺言信託をする人が増加しているようです。

専門家や信託銀行などを受託者とし、配偶者や子を受益者とする信託が一般的です。

例えば、自分の財産を、自分亡き後、障害のある子に一定の金額づつ渡したいといったケースです。

一度に相続財産とした承継させると、散財や紛失、悪徳商法に遭うなど管理に不安がある。

そのため、信託制度を利用して管理は受託者(信託銀行等)に任して、子(受益者)を守る仕組みです。