相続開始後に、相続財産が自分にとって必要ないと考えた時、一番簡単なのは遺産分割の際に相続分を主張しない方法があります。

いわゆる取り分ゼロです。

ただし、これだと形式上は相続の単純承認したことになりますので、万が一相続財産の中に債務があった場合には負担する義務が生じます。

それを避けるには、相続放棄の手続を家庭裁判所に申し立てて行うことができます。

相続放棄は相続開始を知った時から3か月以内(熟慮期間と言います)に申立てる必要があります。

それまでに相続人や相続財産を把握しなければいけませんので、時間的に厳しいスケジュールとなります。