入居した老人ホームが倒産した場合、入居者は当然不安になります。

しかし、これまで倒産したホームのほとんどは新たな法人に事業が引き継がれていますし、前払い金については500万円までですが保全が義務付けられています。

また、有料老人ホーム協会加入のホームであれば、協会が事業継続支援も行っているようです。

ただし、事業継続された場合でも、以前と月額料金やサービス内容が変わることはあります。

やはり入所前に十分吟味して、倒産しないホームを選びたいものです。

そのためには、自分が入所を検討しているホームの運営母体の経営状況、ホームの稼働率等は最低限調べておくべきでしょう。

自分で決算書類等を見るのが難しければ、当協会のように有料老人ホーム紹介を行っている団体や事業者に相談するのも1つの方法です。