厚生労働省が発表したところによりますと、生活保護世帯のうち、65歳以上の高齢者世帯が半数を超えたとのことです。

50.8%という数字です。

年金が少ないか、あっても病気がちで医療費が多く必要で生活が苦しくなるなど、事情はさまざまです。

我が国は、本当に生活に困れば、生活保護申請があるので多少は安心はできます。

しかし、生活保護受給をすると、さまざまな制限があります。例えば、車の所持などです。

税金なので当たり前ですが、自由に、自分らしく生きたい方は、高齢になる前からの資金計画、終活が必要だと思います。