朝日新聞の報道によれば、認知症者が徘徊などで行方不明になった場合、当日に発見されれば8割が生存し、日が経つにつれて生存率が下がっています。

5日を過ぎると、生存率はゼロです。

認知症の方を地域で見守る体制の構築が必要です。

地域社会で認知症の方を支えようと、「認知症サポーター」養成講座が各地で開催されています。

一人でも認知症に対して理解ある人が増えれば、それだけ、徘徊して困っている方の様子に気付けるかもしれません。