成年後見を利用する際、後見人を複数選任してもらうことができます。

例えば、財産管理は行政書士や弁護士といった法律の専門家に、身上監護は社会福祉士に業務を担ってもらう形態です。

一般的に、法律の専門家は財産管理は得意ですが、身上監護については不得意と言われています。

無理もありません。高齢者や認知症の方、障害者との関わり方を学ぶ機会がありません。

対して社会福祉士は、福祉のプロフェッショナルですが、法律実務を行う機会がないため、財産管理は不得意な傾向があります。

それぞれの専門職の得意分野を活かした後見形態ですし、身上監護に高い専門性が必要な場合などには実際に行われています。