亡くなられた方が使用していたPCやスマホなどに、写真や動画などのプライベートな情報が入っている場合があります。

データの中には、家族や友人など周囲に見られたくないもの、見られると不味いものもあります。

亡くなった後に、写真やメールの記録から浮気が発覚することもあります。

また、何らかのネットサービスに加入していて、支払いをカード決済などにしていると、本人の死後、周囲が知らない間にずっと課金され続ける事態となります。

そのため、最近ではデジタル終活といって、上記のデータや利用しているサービスを整理・棚卸しする必要性が高まっています。

エンディングノートに、一緒に記載するとよいでしょう。