遺産分割で争いになる可能性が高いのが、内縁関係の夫婦の一方がお亡くなりになったケースです。

現行に民法では、内縁者に相続権はありません。

昨今、内縁夫婦であっても、夫婦として社会的に認められるようになっていますが、相続においては戸籍上の夫婦である旨が重視されます。

相続権がないため、一切の財産の承継ができません。

下手をすれば、その後の生活に困ったり、自宅から出ていかざるを得ないケースも多いものです。

そのため、内縁関係のご夫婦の方は、是非とも何らかの対策を取っておいてください。