遺言書は一度書いたら終わりではなく、何度も見直すべきです。

時の経過により、遺言者の意思や経済状況、相続人の状況も変化するからです。

ご相談者の中には、毎年1回、同じ時期に遺言を見直すという方もおられます。

遺言の訂正は、法で定められた形式で行わなければならず、間違った訂正方法は無効となります。

訂正箇所が1、2箇所であればまだしも、何箇所にも及ぶ場合は、新たに遺言を作成したほうが早いでしょう。

遺言書は日付の新しいものが有効とされていますので、書き直すと同時に、そちらの効力が旧いものより優先されます。