厚生労働省の発表では、2025年には認知症者が700万人を越え、65歳以上の5人に1人は認知症になると推計されています。

自分も、いつ判断能力が低下するかわからない時代です。

人生の終末期に、全く自分の意思が尊重されず、他人に決められた生活を送るのは、寂しいと思います。

また、周囲が本人の意思を尊重したいと思っても、判断能力が低下していると、上手く意思が掴めないことがあります。

そのため、財産処分や延命治療の各分野で、定めておいたほうがよい意思表示があります。

自分らしく生きるために、終活は欠かせません。