自分の最後は、不必要な延命治療などせずに、苦しまず平穏に終えたいと思う方が増えています。

もしもの時には、苦痛を緩和する医療的処置のみを希望して、不必要な延命治療は行わないという意思を残しておくのです。

ただし、不必要な延命治療かどうかは、素人では判断が付きません

医師や家族の判断や、医師2人以上の判断といったように記載して、できるだけ客観的な判断を行ってもらえるようにします。

記載の形式は、エンディングノート内でも構いませんし、別途、尊厳死宣言書という形でも大丈夫です。

遺言書の付言事項として記載される方もいます。

とにかく、何らかの書面にしておかなければ、いざという時に活用できません。