日本人の平均寿命が延びたのは、医療技術のめざましい発展があったからです。

また、国民皆保険で、誰でも安価で質の高い医療サービスが受けられるようになったのも大きいでしょう。

しかし、反面、判断能力や意思が無くなり、回復の見込みのない患者の命を存続させる技術も発達しています。

ベッド上で、体にたくさんの管を付けられて生命を維持している患者さんの姿を、たいていの病院で目にすることができます。

本人が望んでいるのなら良いのですが、延命治療を望まない人に対して、苦しいばかりの治療を続けるのは疑問が残ります。

ですから、自分にもしものことがあった際に、延命治療を含めた医療行為についての意思表示をエンディングノートに記載しておくことは重要だと思います。