公正証書遺言は、公証人に口述して作成してもらうとなっていることが多いのですが、実際ご相談に行かれる際には、下書きやメモを持っていくほうが話がスムーズに進むでしょう。

下書きしたものを元に、公証人が法的に有効な書面を作成してくれます。

行政書士や弁護士などの専門家に作成支援を依頼すれば、遺言書の原案を作成して公証人と打ち合わせをしてくれます。作成する本人は、作成当日に署名押印するだけになりますので、お忙しい方や法律用語が苦手な方などは利用されるとよいでしょう。