遺言者の真意でない遺言は、無効になります。

詐欺や強迫によって書かされたり、手を取って無理に書かされたりしたケースです。

この場合、無理に遺言を書かせた相続人や受遺者は、相続の権利を失います。

まずは遺言が親御さんの真意によるものかどうかを確認してください。

そうでない場合は、ご兄弟と話し合うことになるでしょう。