判断能力があれば可能です。

また、通常の遺言書と異なる特別方式の遺言書を作成することができます。

例えば、病気やケガで死亡の危急が迫った者が、

  1. 証人3人以上の立ち会い
  2. 証人の1人に遺言書の趣旨を口頭で伝える
  3. 聞き取った者が筆記
  4. 各証人が筆記内容を確認して署名押印
  5. 遺言の日から20日以内に、家庭裁判所に請求して確認を得る

以上の手続を経ることが必要です。

他にもありますが、あまりにレアなケースなので、割愛します。