いざ相続が開始すると、皆さんよく仰られます。

日常生活やお仕事に加えて、葬儀や法要を行い、その上、各種手続を行わなければいけませんので、かなり忙しくなります。

相続が開始すると、まず相続人を確定させなければいけません。

相続人が一人だけといったケースでも、役所で戸籍を取得して、証明できるようにしなければいけません。

相続人が確定したら、財産の調査をします。財産にもれがあると、遺産分割協議がやり直しになる可能性がありますので、綿密に行います。

最後に、相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産の処分を決めます。

以上、簡単な流れですが、相続手続はけっこう大変です。