どの程度の紛争性があるのかがポイントです。

親族間での話し合いを継続してまとまる可能性があれば、合意した内容を遺産分割協議書にします。

その点は行政書士がサポートいたします。

しかし、親族間の話し合いがまとまらず、紛争になってしまっている場合は弁護士の分野です。

当協会提携の弁護士をご紹介いたしますので、解決に向かっていただけたらと思います。

いずれにせよ、まずは当協会を窓口としてお使いください。