任意後見制度は、本人の判断能力が低下する前に任意後見人候補者と契約を結んで後見事務を委任する、成年後見の一形態です。

本人の「判断能力が低下する前」、つまりは元気なうちに準備する制度ですから、終活を考える際に一番ぴったりの制度だと思います。

通常使われている法定後見制度は、自分の考えにそぐわない後見人が専任される可能性もありますが、任意後見は自分が選んだ相手に後見人になってもらえます

事務内容も契約で自由に定められますので、自分らしい老後を作るのに、大変使い勝手がよいのです。

一般的な財産管理と身上監護といった後見事務だけではなく、死後の事務委任契約や後見開始前の財産管理委任契約(後述)を組み合わせることで、老後の暮らしを自分の信頼できる相手にサポートしてもらえます。

そのため、一番大切なのは自分が信頼でき、事務を託せる相手を見つけることです。