成年後見制度は、認知症や知的障害、精神障害などで判断能力が低下した方に成年後見人(保佐人・補助人)を付けて支援する制度です。

判断能力が低下した本人を成年被後見人(被保佐人・被補助人)と言います。

後見人等は、本人の財産の管理や医療福祉施設との契約などを行い、本人が豊かな暮らしを送れているかを見守ります

成年後見人等には、行政書士、社会福祉士、司法書士、弁護士などの専門家がなる割合が6割を超えています。

以前は子や配偶者などの親族後見人が多かったのですが、少子高齢化で誰も身寄りがない方が増加するなど、周囲に頼れる人がいないケースが多くなっています。

なお、専門職後見人に後見を依頼した場合には報酬が発生することがほとんどですが、本人の財産の範囲内での支払いです。