自分の意思表示が困難になった際に、どのようなライフスタイルで生活したいかを記載しておくと、周囲が理解しやすいです。

食事の好み、入浴の希望、趣味、外出の好み、持病に関することなど、さまざまな事項を書き残していると、親族や医療や介護サービス機関が本人の意思を尊重してくれます。

配偶者や家族が代弁してくれるからと考えていても、いざという時に何らかの理由で家族が駆け付けられない状況も多々あります。