遺言書は、人の最終の意思表示であり、満15歳以上であれば原則、誰でも書くことができます。

エンディングノートとの違いは、遺言書には財産処分や認知など、記載することによって法的効力が発生させられる内容を盛り込めることです。

そのため、後述しますが、偽造や変造等を防止する意図から厳格な要式が定められています。

使い分けとしては、法的効力の発生が必要な文は遺言書、自己のライフスタイルなどの意思表示はエンディングノートでよいかと思います。