よく、エンディングノートと遺言書は、混同されがちになります。

自分はエンディングノートを書いているので、遺言書は必要がないと思っている人も多いです。

エンディングノートと遺言書は、法的効力の有無が異なります

つまり、エンディングノートには法的効力はありませんが、遺言書にはあります

例えば、財産処分などについて、エンディングノートでは財産の所在や一覧を記載しますが、遺言では財産の処分方法について指定します。また、後述しますが、遺言は法で定められた事項しか、記載しても法的効力が認められません。

以上の点から、エンディングノートは必要ですが、法的効力を持った意思表示を残したい場合には、遺言書も活用しなければいけません。

両者を上手く活用することが、終活を成功させるコツと言えます。